2010/05/15

日夜、考え事の観音様




前々投稿の続き・・・

お昼のお弁当を食べ、「観音正寺」の次に訪れたのは湖西にあります 「盛安寺」。

このお寺には、それはそれは美しい十一面観音様がいらっしゃるので、

是非にお目にかかりたいとかねてから思っていたのです。

この観音様の存在を知ったのは 次の二冊の本から。

井上靖 「星と祭り」   白州正子 「十一面観音巡礼」

特に白州正子さんの「十一面観音巡礼」では冒頭に

聖林寺の十一面観音の次に写真が載せられていて
 
この写真を見た瞬間、はっと息を呑みました。「これは見ておかなくては。。。」




四臂(しひ)(腕が4本)の十一面観音立像という珍しい仏像。

image
                          (文献から転載)


十一面観音立像(重文)
平安時代初期に造られた木造漆箔。
かって、天智天皇が造営した大津宮の時代に比叡山南方の山中にあった

崇福寺に祀られていたもの。
今ではここ、盛安寺の収蔵庫に納められています。

彩色もうっすら残り、右手に錫杖を持ち、左手には蓮の花を持ち

前面の腕は静かに合唱されています。
白州正子さんによりますと、この像は錫杖を持つ地蔵さんと十一面観音のコンビ像で、
観音様が地上に降り、衆生済度の為に遊行している姿なのではないかと述べていらっしゃいます。
文献の写真もパンフレットの写真も白州正子さんの本も、
少し横から見た姿とても美しい!




でもね。
真正面からだと、こんな感じ

P1080084


結構おみ足が長くてらっしゃる。
お顔は柔和な感じ。。。でも
真正面、下から見上げる感じだと

な~ぁんだか、う~~んって 考え事しているように見える
衆生の悩みをどう救おうか・・・日夜考えながら旅をしていらっしゃるのでしょうか・・
(お鼻が結構りっぱでいらっしゃって、お口が小さい。そして鼻の下が少し短いんだよね。)(* ̄m ̄)プッ!

P1080088 



でも、美しい観音様でした。



一般公開は5.6。10月の毎土曜日と正月三が日、5月の連休 のみで
 
普段は拝見することができません。
桜咲き乱れる4月に訪れた三井寺よりさらに北へ上がった位置、穴太駅の近くにあります。
周りはとても静かな古い住宅街といった感じ。

P1080075
                            盛安寺本堂


誰一人としてお寺に訪れる人はいませんでした。静か過ぎてただ鳥の鳴き声が響くばかり・・
本堂裏手にご住職のお住まいがあって、そこで拝観料を払うとパンフレットを手渡され
「十一面観音様は向かいの収蔵庫ですので」と言われてさっさとお家の中に入られました。
え~勝手に見てきてもいいんかいなぁ~。収蔵庫のほうには誰か管理人がいるのでしょう
などと思いながら、本堂とお庭を拝見して

P1080080
                               枯山水のお庭




道を挟んで向かい側に収蔵庫があります。
扉には鍵がかかってて、管理人らしき人の姿も無く
ガラスが外れている格子窓からどうぞ勝手にみてくださいって状態でした。


だいじょうぶなのかーぁ?


P1080082
                    収蔵庫

で、誰もいないので写真は撮りたい放題^^;

中には美しい十一面観音さまのほかに何体か仏像が安置されていましたが

その中で、この観音様も美しかったです。



聖観音像
P1080089


平安時代の作だそうで、未敷の蓮華(みぶのれんげ)をとり、

右手でその花びらを開こうとしてらっしゃします。

こちらの像も目線を変えればまた違って見えるのでしょうか。




三井寺の如意輪観音様。それに葛井寺の千手観音様は

写真より断然実物のほうが良かった


人間の場合でもありますよね。
お見合い写真で実物のほうが良かったり逆に写真のほうが良かったり。。。ナンテネ







まったくの予断ですが、今回のお出かけが新車になってはじめての中距離走行

車はすごく運転しやすく快適なのですが、問題はカーナビ。

主人も私も「カーナビ」なるものまったくの初体験。まず、操作段階でつまずきました(* ̄m ̄)プッ!

目的地を入力して、案内のとおり車を走らせればよい。

う~ん便利ですね~。帰りは自宅にすればいい。

最後。。。画面を消したいのですがそれが判らない???

AUDIOを消すときはAUDIOボタンを長押しすれば消える

それは覚えていたらしいのですが、カーナビはどうやって消すの?

説明を受けてきた主人はすっかりこ~んと忘れてしまったようす。

あちこち弄ってみるけれど結局判らず。

恥ずかしながらディーラーさんに電話で聞きましたとさ。。( ̄▽ ̄;)

さらに、今回のお出かけで分かった事なのですが

知っている場所に行く場合カーナビはかえってじゃまですねぇ。
                                          (うれしがってつけておりました^^;)
 
反対にまったく知らないところでは本当に便利です。

盛安寺なんて、結構詳しい地図にも載っていないのですが、

カーナビはしっかり道案内してくれて、観音正寺から盛安寺までは私でも運転できました。

途中渋滞はあったものの、その渋滞情報も知らせてくますしね。

ただ、ほんと、ある程度知っている道では使わないほうがいいですね。

渋滞を回避しようと、カーナビ無視で走って行き、途中からまた設定しなおしましたが、

結局、回避しようとしていた渋滞にまきこまれてしまって。。。

使いこなせていない二人が顔を見わせて苦笑しましたとさ。

ほんとにね、なんだか変なルート走らされてしまいましたよ^^;


さらに、カーナビがあると道案内で夫婦喧嘩しなくてもすむと思っていましたが、

設定の仕方が悪いだの、挙句の果てには道案内するときは、

カーナビみたいに「何キロ先の、何と言う交差点、をどちらに曲がるって」言うんや~!と

今までの道案内を注意されるしまつ><;  私はカーナビではありませ~ん!!

 やっぱり、喧嘩してます(◞‸◟ㆀ)

あ~。主人も、私も、歳をとるとその辺にぶくなってしまって、

カーナビに慣れるのも当分かかりそうです( ̄▽ ̄;)




コメントを投稿