2010/08/04

紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)


 

今月のHeader の花 エキナセア(エキナケア) プルプレア 

去年の今頃、ある園芸店の見切り品の棚の中で見つけた 種 から大きくした物
これ、ずいぶん前から欲しかったのです。
背丈は80㎝~100㎝。
丁度 ルドベキア(7月のHeader)と同じくらい
ピンクの花が少ない夏。
咲き進むにつれ薄いピンクからパープルピンクへと変身してなんとも素敵。
時々園芸店で苗を見かけるのですが、結構値段が高い!
花が付いているので最高1ポット680円なんてのもあり、とても手がでなかったんです。。。
(クリスマスローズは2400円も出して1ポット買っちゃうのに~~なんか矛盾している私^^;)
だから、見切り品の中からこの種の袋を見つけてちょっと小躍りしちゃった^^
値段はなんと100円 @@v
播種期限がその年の12月だったのでうまく発芽するか疑わしいのですが
まあ、100円ならダメもとで。。。
うちに帰って袋を開けてみるとな、な、なんと。
種2個しか入ってない (´Д`υ)ゥゥゥ
でも、めげずに種まきしましたところ2個とも発芽!
しかし途中一本ダメにしてしまい
残り一本は大事に大事に育てました。
春の初めに地植えに。。。
長雨で半分腐ってしまいましたが、(この時はもうダメかと思い、ハラハラしました)
7月の中ごろたった一つ蕾を見せてくれた時はとっても嬉しかったwww



P1000079

7月12日
蕾に花びららしい物が。。



P1000148

7月16日

花びらはまだ白っぽい



P1000168


7月21日


黄色の蕊が開いてきました



 
P1000231



P1000250


7月25日


だんだん蕊の開きが内側に。。

P1000252

花びらが下へすぼんでいきます。

 

中心が盛り上がってハリネズミの様です。


触ると結構固く、ツンツンした感触。

P1000332


hana1


欲しかった理由はもうひとつあって、この植物、ハーブ(薬草)なんですよ。


  • 【学 名】        Echinacea purpurea
  • 【分 類】 キク科・ムラサキバレンギク属
  • 【別 名】     パープルコーンフラワー
  • 【種 類】               多年草 
  • 【草 丈】            50~60cm
  • 【原産地】           アメリカ東部

名前の由来は花の基部の部分がとがっていて、その部分を「ハリネズミ」に見立てた
ギリシャ語の「エキノース」からきています。

効能としては風邪やインフルエンザなど、ウイルスや細菌に対する体の免疫力を高めたり、
直接ウイルスを攻撃する抗ウイルス作用もあるそうです。

そして、アメリカ先住民の「万能薬」ともいわれ、へびの咬みキズや、化膿したキズの洗浄と治療、
また、この根を噛んで、風邪や歯痛、喉の痛みに使われ、
古くから重用されてきたハーブだそうです。

現在では、これを主原料としたサプリメントもあったり、
またハーブティとして飲むのも良いとされているようです。

ウチでは、もっぱら、観賞用として楽しもうと思っていますが、
たくさん収穫ができたら、
花はポプリに、葉や茎は乾燥させてお茶にしたいな~っと思ってます。
(いつになるだろう・・・^^;)

・・・・って色々綴りましたが、見て楽しんで、薬にもなる。。。
一粒で二度美味しいってやつです。



コメントを投稿